医療法人ア歯会 愛歯科診療所
ご予約はお電話での受付になります。
019-681-9888
お問い合わせはこちらから

義歯(入れ歯)治療のご案内

義歯

入れ歯とは

入れ歯は虫歯や歯周病などで歯を失ってしまったときに、取り外し式の人工歯で歯を補う治療方法です。プラスチックや金属、シリコンなどさまざまな素材があり、それぞれに特徴があります。患者様の口内の状態や、ご要望、ご予算に合わせて治療方法・素材をお選びし、できるかぎり違和感のない入れ歯をつくることができるよう、心がけております。入れ歯は毎日身につけるものです。より丈夫でしっかりと噛める入れ歯をご希望であれば、自費の入れ歯(義歯)をおすすめします。

入れ歯とは
自費の義歯について
自費の義歯について

自費の義歯は、費用のすべてが患者様の負担となりますが、保険診療内と比べ、治療方法や使用する素材に制限がなく「機能性」「審美性」を重視した、精密な入れ歯をお作りすることが可能です。より多くの時間と手間をかけ、しっかりと噛める義歯へと丁寧に仕上げていきます。下記に代表的な義歯をご紹介いたしますが、こちら以外にもさまざまな種類の義歯が多数あります。まずはご相談ください。

義歯の種類

「金属床」

「金属床」

もっとも一般的な、自費による入れ歯です。入れ歯を支える土台(床)部分が薄い金属でできています。強度に優れているだけでなく、熱が伝わりやすいので食事の際の違和感も少ないのが特徴です。使用する金属については、いくつかの種類からお選びいただけます。

「シリコーン義歯」

「シリコーン義歯」

入れ歯の裏面がやわらかい生体用シリコーンでできています。シリコーンのクッションにより、装着時に不快感がなく、密着性が高いのでしっかりと噛める・はっきりと話せるようになります。

「ノンクラスプ義歯」

「ノンクラスプ義歯」

金属でできたクラスプ(留め金)を使用しない、審美性の高い入れ歯です。弾力のある特殊なナイロン素材を使用し、入れ歯を固定します。軽く薄く作ることができ、より快適な入れ歯に仕上げることができます。

「マグネット義歯」

「マグネット義歯」

歯根が数本残っている場合は、マグネット義歯が適用できます。入れ歯の土台となる歯根に金属を接着し、入れ歯側に磁石を取り付け、その磁力で固定させていきます。安定感があり、しっかりと噛むことができます。