医療法人ア歯会 愛歯科診療所
ご予約はお電話での受付になります。
019-681-9888
お問い合わせはこちらから

一般歯科(保険診療)のご案内

虫歯治療

虫歯の進行

CO

CO

歯の表面が薄く溶け始めた状態です。
歯の透明感が薄れ、白く濁った色になります。自覚症状はありません。

C1

C1

歯の表面がさらに溶け、黒ずんだ小さな穴があきます。この段階でも自覚症状はありません。

C2

C2

歯の表面だけでなく、象牙質と呼ばれる神経に近い部分にまで虫歯が進行しています。歯の痛み、冷たいものがしみるなど自覚症状が現れます。

C3

C3

歯肉から上の部分に大きな穴があき、歯の神経にまで虫歯が到達して炎症を起こします。何もしなくても激しい痛みを伴います。

C4

C4

歯肉から上の部分がなくなり、歯の根だけが残った状態です。激しい痛みのある状態で虫歯を放置すると、歯の神経が死んで痛みを感じなくなります。その後、歯の根に膿みが溜まりはじめ、再び激痛へと変化します。

虫歯治療

虫歯治療は、虫歯になっている部分を削り、
詰め物や被せ物をして元の形状に仕上げ、歯の機能を改善していく治療です。虫歯が軽度の場合、削る部分も少なく痛みもありませんので、元通りになったように感じるかもしれませんが、歯は削った分だけ弱くなり、寿命も縮まります。
さらに、虫歯が重度になると、歯の神経を抜いたり、抜歯する場合もあります。ご自身の歯を大切にするためにも定期検診を受けていただき、早期発見・早期治療を行なうことが何よりも大切です。なお、当院では「できるだけ痛みの少ない治療」に取り組んでおります。
治療の痛みが不安な方も、どうぞ安心してご来院ください。

虫歯治療

歯周病

歯周病の進行

「歯肉炎」

「歯肉炎」

歯の表面や歯と歯の隙間に歯垢が付着した状態が続き、歯肉に軽い炎症が起きています。ブラッシングの際に出血したり、冷たいものがしみたりする場合もありますが、めだった自覚症状はまだありません。

「軽度歯周炎」

「軽度歯周炎」

歯周ポケット内に歯垢や歯石(歯垢が石灰化したもの)が溜まり、炎症が広がります。歯を支える顎の骨が溶かされはじめています。また、口臭が出始めます。

「中度歯周炎」

「中度歯周炎」

顎の骨が溶かされ続け、歯周ポケットが深くなります。歯肉が下がり、歯がグラつきはじめます。ブラッシング時の出血や口臭がするなどの症状がひどくなります。

「重度の歯周炎」

「重度の歯周炎」

歯を支える顎の骨がほとんど溶けてしまった状態です。歯のグラつきも大きくなり、歯肉からの出血や膿み、口臭がさらにひどくなります。歯石を取るだけでは改善せず、残念ながら抜歯となる場合もあります。

歯周病治療

歯周病治療は、患者様自身で行なう正しいブラッシングを基本とし、歯科医院によるケアと合わせながら、歯周病の原因である「歯垢の除去」を徹底的に行なっていきます。まずは、正しいブラッシング方法を指導させていただき、ご自宅にて実践していただきます。そして歯周病の進行度に合わせ、専用の器具を使って歯垢を除去していきます。初期段階で発見ができれば、ブラッシングのみで改善できる場合もあります。はじめに歯周病検査を行ない、患者様の口内をチェックしていきましょう。

虫歯治療
レーザー治療
レーザー治療

当院では歯科用のレーザー機器を導入し、歯周病・虫歯治療・口内炎など、歯科治療のあらゆる場面で活用しております。レーザーは、歯肉切開や抜歯時の止血作用、痛みを抑える作用、殺菌や消毒作用もあり、身体への負担が少なく、処置後の回復を早めることができます。人体に対して安全なうえ、麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中やアレルギー体質の方にも不快感なく、安心して使用することができます。また、歯肉にレーザーを照射することで、黒ずみ(メラニン色素)を除去し、本来の健康的な色に戻すことができるといった効果もあります。歯を白くするホワイトニングと合わせて行なうことで、口元がよりいっそう美しくなります。

予防歯科のすすめ

どんなによい治療をしても、治療後の正しい口腔ケアがしっかりとできていないと、再び治療が必要になってしまうおそれがあります。当院では、治療後の「予防処置」に力を入れ、衛生士専用の予防処置エリアや予防のためのカウンセリングルームを設け、歯石の除去・フッ素塗布・ブラッシング指導・栄養指導・歯周病リスク検査などさまざまなメニューをご用意し、診療いたしております。予防(衛生治療)は大切な基本処置です。ご自身の正しいブラッシングと合わせ、定期的に健診を受けていただくことで健康な口内を保ち続けていきましょう。

予防歯科のすすめ